ニュース

ワードでチラシ作成

最近は、テンプレートなどが充実しており、ワードやパワーポイントでチラシを作成される方が増えてます。

とても上手に作成されるのですが、大量に印刷となると我々業者に依頼されることとなりますね。

そこで注意したいのが、「色」のお話です。

ワードは、基本的にRGBで作成されます。



RGBとは、RGBとは光の三原色とよばれ、色が混ざるほど明るくなり、白に近づきます。それを加法混色といいます。
R(Red)、G(Green)、B(Blue)の3色となり、テレビやパソコンのディスプレイはRGBで表現されています。



オフセット印刷は、CMYKの4色で再現いたします。
CMYとは、「色の三原色」とよばれ、Cyan(シアン)・Magenta(マゼンタ)・Yellow(イエロー)のかけ合わせで色を表現し、すべてが重なる部分は「黒」になります。それを減法混色といいます。
印刷は、CMYKで表現されます。理論上ではCMYによって全ての色を表現できますが、実際にはCMYのインキだけできれいな黒色を再現するのが難しいので、黒色インキを使用します。



データをRGBで作成した場合、印刷時CMYKに置き換えられ、色目が大きく変わります。

弊社では、このような場合、なるべく作成されたデータに近い色に合わせるよう、事前にデータ修正をさせていただいております。

色だけでなく、フォントやロゴデータ、塗り足し等の補正をさせていただいておりますので、安心してご依頼下さい。



ベルグシロー様のスキーオーダー会のDMをやらせていただきました。

とても上手に作成されておりましたので、手直しは若干でした。