ニュース

活版印刷

長らく印刷業界の主役の座から遠ざかったあと、いま再び活版印刷はそのユニークな性質によってスポットライトを浴びるようになりました。

現代のハンドメイドのの芸術品の世界でその地位を確立しています。

そもそも「活版印刷」ってナニ?
活版印刷とは、文字または絵柄がそれ以外の部分より一段高くなっている組み付け台がついて印刷機を用いて印刷する凸版印刷の総称です。
木版に文字を刻んだ凸版印刷の概念は、西暦200年頃の中国ですでに実用化されていたと言われていますが、一般的に、現在使われているような活字を使用した印刷の草分け的存在として知られるのは、ドイツのヨハネス・グーテンベルグでしょう。

jpg-thumb-490x367-170.jpg

弊社は、古い「活版印刷機」を所有しています。
何か出来ることがないか、目下模索中です。構想が練れたら、是非このブログでお知らせしたいと思います。