ニュース

喪中はがき〜離婚した場合〜

喪中はがきとは、日頃年賀状をやりとりしている相手に、近親者に不幸があったため、喪に服しているので年末年始の慶びの挨拶を控えさせていただきます、、、というご挨拶状です。
近親者の不幸を知らせる、という主旨ではなく、年賀状を欠礼致します、というお知らせです。

喪中とする近親者とは、通常二親等までとする方が多いですが、あくまで気持ちの問題の様です。

今回ご注文いただいた方も、離婚したご主人の喪中で、はがきを出されました。
本来でしたら、喪中はがきを出す関係ではありませんが、離婚したご主人とのお子様と一緒に暮らしておられますので、やはり気持ちの上で「喪に服したい」と思われたようです。
最近は色々なケースがございますが、形式にとらわれず、ご本人の気持ちを一番に据えて判断されると良いように思います。

夢工房では、様々なタイプの喪中はがきを取り揃えておりますので、是非あなた様の心にぴったりとあてはまるデザインをお選び下さい。